Radio And The Setagaya





音と音楽と街、私の仕事を紹介します

昨日、下北沢の本多劇場で劇団昴「隣で浮気?」を観て来ました。
大好きな昴とアラン・エイクボーン。
とても楽しい舞台でした。

アラン・エイクボーンを知っていますか?
イギリスの劇作家。
作だけではなく、演出もするそうです。
Sirの称号を持つカレは、今年4月、70歳の誕生日を迎えました。
ばりばりの現役作家。
執筆、上演した戯曲は70作以上。
ものすごい、数だよね?
その人気はイギリス国内にとどまらず、カレの作品のいくつかは、
35カ国以上に翻訳され、世界中で上演されているそうです
この「隣で浮気?」も、良く出来た本で、大いに笑わせてくれました。

姫とアラン・エイクボーンの出会いは加藤健一事務所の「コミック・ポテンシャル」
ロボットと人間の恋愛と言う、近未来の奇想天外なもの。
大いに笑って、笑って、最後には心がほっこり温かくなる。
悪役のいない物語。
そんな芝居が、姫は好き。

だから、今回は昴とエイクボーンのコラボにすごくわくわくして、
劇場まで足を運んだのでした。
で、実際の舞台。
(ネタばれにならないよう、パンフレットに書いてあるコトだけ書くね。)
二軒の家を、同じ舞台で<同時に>見せる。
連続した二夜に、それぞれに家のディーナーに招かれたカップルを
<同時に>見せる。
どう?意味解んないでしょう?
いやぁ、これは絶対観るまで、解んないと思う。

この手法は本当にすごいと思った。
よくこんなコトを思いつくなぁ。
そう、これは小説や映像ではなく「舞台の為に作られた」戯曲だから。

舞台を観に行くの大好きです。
創作劇もステキだけど、有名な戯曲なんかは、
その本の緻密さに感心させられるコトも多いです。
そして、どこまでが台本でどこからが演出なのか考えるのも好き。
だから、同じ演目を違う劇団、演出家で観るのも面白いと思う。

お芝居って、本当に面白いです。
劇団昴は、本当に役者のポテンシャルも高い。

あ~、もっとお芝居みたい。
お願い、姫をお芝居を観に連れてって!
本来、オタッキーな姫。
骨折以来、仕事を理由に自宅に引きこもっている日が多くなってしまいました。
実際、最近のお仕事って、80%が自宅作業。
それでは、イケナイ。
今をときめくシングルアラフォーとしては、
オシャレして、東京の街を闊歩しなくては、、、

何をしよう?
ひとりで、映画でも見に行こうかと、
何となく、現在公開中の映画を検索してみる。

「お買い物中毒な私」

まぁ、よくあるハリウッドのコメディ映画でしょう。
「Sex And The City」とか「プラダを着た悪魔」とか、
あの辺と同じ層がターゲット!。
大抵、こういう映画は、ヒロインのファッションや持ち物に注目が集まる。
シングルウーマンとしては、オシャレのお手本としても、押さえておきたいトコロ。

で、予告Movieを見ていると・・・

なんと、なんと、なんとっ!
ピンクのMacBookが・・・・

img_885793_58144530_0.jpeg

きゃわいい~~~!
欲しい~~~~!

さっそく、appleに購入可能かどうかの、メール送ってみました。
メアドが解んなかったから、サポートセンターにメールしちゃった。
返信、来るかな?

ということで、この映画、絶対観に行きます。
ZED
先日、シルク・ドゥ・ソレイユの「ZED」観て来ました。


シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京 ZED

毎度ながら、本当に感動します。
もう、サイコー!
シルク・ドゥ・ソレイユのステージを観るのは、キダム、ドラリオンに続き3度目。
絶対に裏切られない。
人間の可能性の大きさを感じる。

綱渡りにしろ、空中ブランコにしろ、普通じゃあり得ない。
そのあり得ない事を、芸術の域まで持ってくるんだから、
人間に、不可能な事なんてないような気がしてくる。
小さな悩みなんて吹っ飛んでしまう。
人間ってすごいんだ。

そして、演技だけではなく、音楽も衣装も本当に素晴らしい。
これぞ、総合ステージ芸術。
小林幸子のような衣装を着た女神が、
これまた美川憲一のように空を舞いながら歌ったりしていた。
衣装は、タロットカードをモチーフにしているらしい。

ラストはもちろんスタンディング・オベーション。
カーテンコールに答える出演者が本当にいい顔をするんだ。

本当に、シルク・ドゥ・ソレイユは素晴らしい。

今、原宿新ビッグトップでは、コルテオも開催中なんだよね。
観に行きたいなぁ・・・
20090313192618
ディズニーリゾートまで来ました。
今からシルクドソレイユのZEDを観ます。

楽しみ(^-^)v
先週、竹内まりやさんのソングミュージカル「本気でオンリーユー」を観て来ました。
唯川恵原作作品。

http://www.mariya-musical.com/

「女性のウエストが何故くびれているか知ってる?男性に腕を回してもらう為よ!」
あぁなんてステキなセリフでしょう!(笑)

主演は松浦亜弥!
とにかく、あややが歌が上手いのにびっくりした。
あややって、ただのアイドルタレントだと思ってたのね。
ところがどっこい、めちゃ歌上手い。
圧倒的な存在感。
危げない演技。
彼女は凡人ではない、あきらかにスターだ。オーラも違う。
舞台に立つ為に生きている。
いやぁ、本当にあややにやられました。

で、特筆すべきは、衣装、特に靴がかわいかったコト。
OLの日常を描いた現代劇なの。
衣装も超身近なOLファッション。
それがセンスよくてかわいい。
あれっ?協力がパルコだった(笑)

10/1に竹内まりやさんがデビュー30周年を記念してコンプリートベストアルバムを発売します。
めちゃ楽しみ。
で、このアルバムのキャッチコピーが
「人生のところどころに彼女がいました」
なんか、キュンとするいいコピーだよね。
姫の人生のところどころに、まりやさんがいたもの。

会社を作った頃は「チャンスの前髪」に勇気づけれました。
小学生の頃にまりやさんに出会い、中学生の頃好きだったのは「マージービートで歌わせて」
高校生の頃はやっぱり「駅」かな?
大学生になっても、社会人になっても、彼女がいました。
そして、アラフォーになると「幸せのものさし」

カレとラブラブのときも、失恋したときも、
仕事が上手く行かないときも、なんとか頑張っているときも・・・

人生のところどころに・・・