Radio And The Setagaya





音と音楽と街、私の仕事を紹介します

スキーから帰って来ました。
数えてみたら、このスキー合宿は9シーズン目。

もともと、当時大阪在住のカート仲間「みりちゃん」が言い出しっぺ。
みんなで泊まりでスキーに行こうよ~!
しかも旅館やペンションではなく、コンドミニアムで自分たちでご飯作って、安くあげようよ~!

そんな呼びかけに集まった全国のカート仲間。
最初の年は姫は参加していないし、もちろん参加できなかったシーズンもある。
それでも、年に一度のお楽しみ、出来るだけスケジュールを確保して来た。
その間、メンバーはマイナーチェンジをしていった。
結婚して、引っ越して、参加出来なくなったヒト。
カップル参加が夫婦参加にバージョンアップしたヒト。
あ、その逆の経験者も(^^;)
まぁ、9年だからねぇ、いろいろあるさ。
言い出しっぺのみりちゃんも遠くに引っ越しちゃって、参加は難しくなりました。

それでも、続いているこの集まり。
カートを通して出会った大切な仲間。
全国に散らばる大切な仲間。

帰りは、白馬の近く北安曇池田町の友人の工場へ寄り道。
つい最近独立して、工業部品を作る工場を作ったらしい。
カレもカートを通して出会ったヒト。
何度もチャンピオンをとっている、長野方面のカート界では有名人!
で、その新しい工場では、なんとカート用部品の開発、製造も行うとか。

カレが独身の頃に知り合った。
今は、2人目のお子様が奥様のお腹の中にいる。
やんちゃだったカーターが、立派な工場オーナーに、お父ちゃんに!
住んでいるところが遠いからねぇ。
本当に久しぶりに会う事が出来たよ。

姫はね、ひとつだけ大きな自信、財産があるの。
それは、本当に友達に恵まれているってコト。
友達の数が多いってコト。
仕事でもプライベートでも。
しかもその友達は全国に散らばっている。

みんなに感謝してる。
ありがとう。

まぁ、みんなそれぞれ生活環境が変わる中、
姫だけ相変わらずで(嫁に行く予定もないし)成長していない気もするけど。
実際、カートを通して出会った仲間だけど、カート現役者はほとんどいない。

姫はカートはまだまだ続けます。
難しいうんちくは抜きに、単純に走る事、レースに出る事が楽しいから。

そして、今年は何となく速くなれそうな予感がします。
いろんな意味で、いろんな事が吹っ切れた気がするから。
潜在意識の奥底で自分を縛っていたものが、解かれたような気がするから。
素直にカートを楽しめそうだから。
たくさんの仲間に応援されている事に気がついたから。

たくさんのいい友達に囲まれている自分を誇りに思います。
その友人達に、何か素敵な恩返しをしていきたい。
それが自分の人生のテーマになりそうです。
コメント
お疲れ様
来年参加者増やしても行こう!
楽しかったよ!
2008/02/18(月) 03:58:20 | URL | じじ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikahimesama.blog34.fc2.com/tb.php/91-4dbae1cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック