Radio And The Setagaya





音と音楽と街、私の仕事を紹介します

今年も、和歌山の南紀白浜から、最高級の南高梅を送って頂きました。
その量、なんと10kg!
あぁ、本当に感謝でございます。

あまりの量に漬け樽がなく、スーパーでポリバケツを買って来ました。
これに、ビニール袋を入れて、代用します。

大きさを選別し、水洗い。
アルコールで拭きながら、竹串でヘタを取り・・・

お塩は、海水100%のにがりを含んだ粗塩。
沖縄の塩と、室戸岬沖の塩をチョイス。
これに、焼酎をまぶし、丁寧に塩と絡めながら、樽に並べて行きます。

IMG_0096.jpg

梅干し工場で働いている気分です。
ふぅ。
このまま3週間漬け込んで、天日干し。
その間も気を抜いてはいけません。
梅酢の上がりが悪いと、空気に触れた部分から痛んでしまいます。
カビの心配だってあります。
カビが生えたものは、きれいに拭き取り、アルコールで消毒。

痛んでしまったものは、取り除きます。
でも、捨ててしまうのはもったいない。
痛んだ部分だけ取り除いて、そうめんに使いました。
梅ソーメン、美味しいよ!
うどんや、お吸い物、シソとあわせてドレッシングにも使えます。

8月頃には、第一弾の梅干しが食べられますが、
漬け戻しして味をしみ込ませた梅干しもまた美味。
姫はもちろん2種類作ります。

梅干しを漬け始めて、何年になるでしょう?
3年前から、和歌山の美味しい梅を送ってもらうようになりました。
素材が違うと、やっぱり梅干しの出来が違います。

梅干し作りは、年に一度しかチャレンジ出来ません。
70歳まで作り続けるとしても、あと30回しか、チャンスがありません。
その頃には「おばぁちゃんの美味しい梅干し」になっているでしょうか?

あ、今でも姫の梅干しは評判いいですよ。
塩しか使わない、しょっぱ~い、本物の梅干しです。


コメント
考えただけで
唾が湧いて来た!
2009/07/18(土) 15:46:33 | URL | じじ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikahimesama.blog34.fc2.com/tb.php/745-dded870a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック