Radio And The Setagaya





音と音楽と街、私の仕事を紹介します

この一週間、深夜0時が楽しみだった。
本当に、初めて恋をした女の子のようにドキドキしていた。

NHK-FMのサウンドストリートアーカイブス「元春レディオショー」が、
待ち遠しくて、待ち遠しくて、高鳴る胸を押さえてラジオのスイッチを入れた。
本当に自分でもびっくりする程、はまってしまった。

姫が中学生から高校生の頃に大好きだったラジオ番組。
その時に実際ONAIRされた番組をそのまま再放送するのが
この「サウンドストリートアーカイブス」。
深夜0時、姫は15歳の頃にタイムスリップする。

「ビルボードHOT100特集」
「ヒストリー・オブ・ロックンロール」
「リスナーが選ぶ1985年マイ・ベスト・レコード特集」
しゃべりと、曲のバランスも絶妙。
これがラジオ、音楽番組だよ。

そう、以前にもこのブログに書いた。
姫は元春に洋楽を教えて貰ったんだよ。

最近、ラジオを聴く若者が少ないと聞く。
彼らは、どこで洋楽を、音楽を知るんだろう?
TVやインターネットで、こんな風に洋楽を知るのはムリ。
ラジオには、ラジオにしか出来ないことがあるんだよ。
だから、ラジオが好きなんだ。

ラジオから流れてくるPeople Get Readyを聴きながら、
本当に涙が出そうだった。
青春期にこんなラジオ番組に出会えたことを、本当に感謝する。

だから、今度は姫の番なのに。
姫は今の中高生にステキな音楽番組を与えていない。
それをやるのは、この業界で生きる姫の役割のはずだ。

姫がやりたいことは、やるべきことは、まだまだある。
それが実現させるのが、今の姫の夢だ。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikahimesama.blog34.fc2.com/tb.php/562-e58dc9ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック