Radio And The Setagaya





音と音楽と街、私の仕事を紹介します

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時を経て公開される続編というのは、期待が大きい分裏切られることが多いのだけど・・・
今回はそんなことなかった。
さすが、Sex And The City.

「ウエディングドレスが許されるのは40歳まで」なんて、きつ~い言葉にも何故かうなづいてしまう。
わがままで、おしゃれで、ちょっぴりエッチで、サイコーにカッコイイ女性達。
それでいて、ちょっぴりセツナイ。

なぜ、女性たちはこの物語にこんなにはまってしまうんだろう。
多分、答えは単純明白。
物語の中に出てくる4人の女性たちが「自分自身を一生懸命生きているから」

レンタルではなく自分だけのvuittonを手に入れる為に。
欲しい指輪はプレゼントではなく、自分の力で手に入れたい。
おしゃれは、自分を生きるためのモチベーション。
「“LABEL”(肩書き)と“LOVE”(愛)」
どちらか、片方だけではダメなのよね~!

女性に、ただプレゼントすれば喜ぶと思っている男性陣!
それは甘いわ。
洋服ではなくクローゼットをプレゼントしてあげて。
姫の場合は、車じゃなくて、ガレージをプレゼントして欲しい。
このニュアンス解るかなぁ。
「中身を埋めるのは自分自身」なワケ。
その中身を埋められるように、背中を押して欲しいのよ。
そういうお年頃なのよ。

さて、映画の中で何度となく出てくる、
ヒールの細くて高い、とってもおしゃれなマノロ・ブラニク。
六本木ヒルズで映画を見ていたので、そのままショップを冷やかしに・・・
\147,000-でした。
今の姫にはとても買えません。
でも、これを自分の力で買えるようになるのが目標かな。

ちなみに映画館の中、98%は女性でした。
男性のみのお客様は、姫の見る限り皆無。
カップルが、3組くらい?
女性パワーがすごすぎて、男性はかなり違和感を感じる会場なのではないでしょうか。
というワケで、この映画はカップルにはおすすめしません。
この映画を観たいという男性は、DVDになるまで待った方がいいかも。

本当に楽しかった。
明日から、また頑張って生きて行こう!
そして、失敗を恐れず、恋をしようと思う。
こんなに元気になれる映画なら、みんなに進めたい。

あ、その前に、Season6もある膨大なTVシリーズのDVDを観てね。


コメント
コーンズ
まちさん

僕のはコーンズじゃ申し訳ないので、コーナーストーンズ(要検索)のでお願いします。
2008/09/10(水) 09:16:27 | URL | Dai's #lrTFJ44k[ 編集]

コーンズの車、仕方ないからもらってあげてもよろしくってよ。
ディアゴスティーニでもいいけど(笑)
2008/09/10(水) 00:31:11 | URL | りか姫様ちゃん♪ #-[ 編集]

姫はプレゼントぢゃ釣れないのね・・・残念

好きな車をどーぞってって思ってたけどコーンズにキャンセルの電話入れとかないと
2008/09/09(火) 23:48:02 | URL | まち@ #-[ 編集]
あらま
女性ばかりか~

スーツの単独男性だと浮きまくり?

2008/09/09(火) 16:13:43 | URL | Dai's #lrTFJ44k[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikahimesama.blog34.fc2.com/tb.php/345-9c964dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。