Radio And The Setagaya





音と音楽と街、私の仕事を紹介します

むやみやたらに季節感を意識にするようになったのは、きっと私が年齢を重ねたからなのでしょう。
60歳で死ぬか、70歳で死ぬか、80歳で死ぬか解らないけど、いずれにせよ「あと何回この風景を見られるのだろう?」と考えてしまう年齢にはなった。

早すぎるとか、ネガティブとか言われちゃうかもしれないけど、身近で年齢の近い方の訃報がぐっと増えている。

実は今朝も、友人の相方が天国に旅立ってしまった。
まだ、全然若かった。
その友人のFBのポストを通し、闘病と愛に満ちた生活は垣間見ていた。
正直、掛ける言葉が見つからず、なんのリアクションも出来なかった。

若い頃は、何故自分がこの世に生を受けたのか考えこむ日も多かった。
今もそうだ。
生命体の究極の使命は種の保存だ。
そういう意味では既に私は生きている価値のないダメ人間だ。

でもね、今、生きているのよ、私は。
何の役にもたっていないけど。

あっ、やばい、酔っぱらいだ^^;
えっとね〜、過ぎゆく夏を全身で感じたいって言いたかっただけなの。
失礼。^^;
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikahimesama.blog34.fc2.com/tb.php/1244-7fb51b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック