Radio And The Setagaya





音と音楽と街、私の仕事を紹介します

着物のドレスコードって難しい。週末に従兄弟の結婚式がある。
今さらドレスって歳でもないので和装にしようかと。
しかも、親族紹介なんてものにも出席せねばならぬ。

私は40代未婚。三つ紋色無地で参列するつもり。
母のお古なんだけど、母がいつ頃着ていたものかは不明。
訪問着も付け下げもあるけど、この場合色無地でいいのよね?
五つ紋じゃなくてもいいのよね?
着物のドレスコードってよく解らないし、ネットで調べると時代的なものもあるらしい。

伊達衿は付けます。帯はもちろん袋帯の二重太鼓。
(改良枕を使ったインチキ着付けですけど)

9:30集合なんで(だから、早いって!さすが親族)
早起きして自分で着付けるつもり。
あぁ、髪も自分で結わなきゃ。
美容院だと時間外で高そうだし、式場はホテルではなくブライダルガーデン(って言い方でいいの?)なので、着付け室の予約がよく解らないし、何より節約大事ww

親の着物がたくさんあるので、自分で着付けできるよう、着付け教室にも通ったけど、
着物って着付けが出来ればいいってものじゃないのね。

草履とバッグは7年前に92歳で他界した祖母の形見を使います。
何年前のものなんだろうね?

従兄弟の結婚式なので、従兄弟にとっても祖母で、祖母にとって孫。
きっと祖母はその結婚式を見たかっただろうし、従兄弟も祖母に見せたかったハズ。

だからせめて、祖母の形見を身につける。
式場まで着ていく道行きコートは母が40年以上前に着ていたもの。

和装って、本当に時代を超える。
難しいし、保管も大変だけど、それがいいよね。

画像は、その祖母の形見の草履とバッグです。


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikahimesama.blog34.fc2.com/tb.php/1242-afbf150e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック