Radio And The Setagaya





音と音楽と街、私の仕事を紹介します

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日から、PCでインターネットを介してラジオを聴けるサービス、radiko.jpが始まりましたね。
姫も、朝起きて、すぐ文化放送の「邦丸ワイドごぜんさま~」をパソコンで聞きました。

実は我が家、AMの電波状況が非常によくないんです。
日中はTBS以外ほとんど聞こえない。
だから、自宅ではFMばかり聞いています。

クリアに「パソコン」でAM放送を聞いて、なんだか小中学生時代を思い出しました。

何故か、ラジオがすごく好きな子供でした。
姉の影響か、小学校5年生くらいから深夜放送を聞いていました。
オールナイト・ニッポンが大好きでね、特に中島みゆきさん!
コッキーポップとか、夜のドラマハウスとか、週末には南こうせつの「星の道草帰り道」

北海道のオホーツク海岸沿いの田舎町に住んでいました。
そんな北海道でも、ニッポン放送が深夜になると直接聞けるのです。
地元、STVよりもキレイに入りました。
キレイ、、、と言っても、もちろん雑音だらけ。
そんな雑音にまみれた放送を、毎日、毎日、ま~いにち、聞いていました。

尾崎豊が東海ラジオ(名古屋)で放送をやっていると知ると、一生懸命チューニング合わせました。
雑音の中、ぽつり、ぽつりと尾崎の声が聞こえたときは嬉しかった。

そして、好きだったのがNHK-FM.
特に、サウンド・ストリート、ニューサウンズ・スペシャル、クロスオーバー・イレブン。
クロスオーバー・イレブンの津嘉山正種さん、渋かったなぁ・・・

当時、FMはNHKしかなかった。
音楽が大好きだった姫は一生懸命、エアチェックしたものです。
いや、反対か。
ラジオが好きだったから、音楽が好きになったのかもしれません。

特に、高橋基子さんが司会のニューサウンズスペシャルは、
毎週一組のアーティストを招いて、おしゃべりしながらそのアーティストの曲のみオンエアするというもの。
つまり1時間(いや、多分本当は45分か50分)に、1アーティストの曲が4~5曲掛かるのです。
そう、レコードを買えるお小遣いが無かった、あの頃、
その番組を丸ごと録音してコレクションしてました。

2年前帰省した時、ふと思いついて倉庫を探したら、、、
当時のカセットテープが大量に出て来たので思わず、東京に持って来ました。

IMG_6807_20100316031226.jpg

25年以上前に録音したレアもの。
新婚当時の竹内まりやさんや、メリーアンがヒットする前のアルフィーがしゃべってます。

そして、サウンドストリート。
佐野元春と渋谷陽一に洋楽を教えてもらいました。
ホール&オーツもクイーンも、カルチャークラブもサンストに教えてもらったんです。

深夜放送がが聞きたくて、夜中まで勉強したものです。
そう、ラジオ聞きながら勉強するのが当たり前でした。

田舎だったので、高校時代は釧路で下宿生活を送っていました。
当日の下宿生は当然テレビなんて持ってません。
ニッポン放送「十朱幸代のいってらっしゃい」で、が流れると同時に部屋を出て学校に行きました。
アモーレの鐘が姫の時計代わりでした。

小学校、中学校と、放送委員会。
高校では何故か放送部。
うん、放送部にはなんか騙されるように偶然入部したんだけどね。

今も、毎日毎日ラジオを聴いています。
家ではもちろん、バスの中でも車の中でも。
ちゃりんこ移動のときも。

でも、ラジオに葉書を送ったことはほとんどありません。
いわゆる「聞くだけリスナー」
(まぁ、逆に最近はちょっと送るようになったけど)

今でも、音楽はラジオに教えてもらってます。
サンストみたいなコアなラジオ番組がもっとあったらいいのになぁ、と思いながら。

そして気が付けば、、、姫はラジオ・ディレクターになってました。
これは、本当に偶然たどり着いた職業なのです。

今日、こんなサイトを見つけました。

http://tfm.nanapi.jp/

近頃はラジオを聴く若いヒトが少ないとは、知っていたけど、こんなサイトが必要だなんて。
ある意味、かなりショックを受けました。
・契約が必要なの?
・周波数ってなに?

本当にそこまで説明しなくてはならないの・・・?

でも、最近は家にオーディオ機器がないってことも珍しくないそうです。
音楽はPCや携帯電話、iPod等のデジタルプレイヤーで聞くもの。
あぁ、だからデジタルプレイヤー用のスピーカーが沢山あるんだ。
そうだったんだ、、、

デジタルプレイヤーの容量がどんなに大きくなっても、限りがある。
でも、ラジオは限りが無いんだよ。
無限に音楽がつまっているんだよ。
しかも、タダで聞けるんだよ。
知らない曲が聴けるんだよ。
発売前の曲が聴けるんだよ。
知らなかった古い曲が聴けるんだよ。
その曲の解説までしてくれんんだよ。
ライブ情報も教えてくれるんだよ。
パーソナリティがその曲の熱い想いを語ってくれるんだよ。
音楽好きにとって、こんなに素晴らしいメディアはない。

あ、iPodnanoにラジオが付いたのはすごくいいね。

そして、、、
radiko.jpが始まった。
リスナー的立場で言えば、ありがたいし便利。
ううん、ラジオの制作で食べて行かなくてはならないビジネス人としても、
スポンサー獲得などのチャンスが増えるので、ありがたい。
メディアはどんどん形を変えて行く。
その新しい形を、受け入れ、自らの手で作り上げて行くのも楽しみ。
実際、ミニFM曲でネットを使ったストリーミングをやっていて、それの指揮を執っていつのは姫だ。

なのに、、、この淋しさはなんだろう?
一生懸命アンテナの向きを変えながら、尾崎の声を探し、
布団をかぶって中島みゆきを聞いていた、あの頃の自分が甦る。

今、ラジオ制作を教える立場になり、放送と通信の違い、
電波の意味、放送法、放送免許についてなども、カリキュラムに取り入れている。
ラジオ番組を持てるってことは、すごいことなんだ。

多分、今後姫の「教える仕事」としては、ネットと放送の違いを説明することが多くなるだろう。

思うところはいろいろある。
radiko.jpも反対ではない。
むしろ、賛成!

なのに、、、この淋しさはなんだろう?

でも、今日改めて気づいた。
ラジオが好き。
そして、このラジオ・ディレクターという仕事に就けて、本当によかった。
コメント

授業をさぼって~、いぇ~い、いぇ~!

radikoのアクセス数すごいみたいです。
面白い番組が増えるよう、姫も現場の人間として役に立ちたい。
2010/03/21(日) 03:36:44 | URL | りか姫様ちゃん♪ #-[ 編集]

♪君の知らないメロディ~聞いた事がない~ヒット曲~♪

そーだね
あの時代、ラジオが情報の発信源だったね
「夜は友達」「セイヤング」「オールナイト・ニッポン」etc...

2度と聴けない放送だったからそりゃ一生懸命聴いてたなぁ

ちなみにオラは「スネークマンショー」は小学生の時にラジオで聴いていました
2010/03/21(日) 00:46:42 | URL | まち@ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikahimesama.blog34.fc2.com/tb.php/1147-7ac745b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。