Radio And The Setagaya





音と音楽と街、私の仕事を紹介します



年に一度、この時期に発刊される、NHKラジオ講座のテキスト。
義務のように毎年買っています。
いつも、それなりにいいコト書いてます。
でも、ことば力って「読み力」ではなくて「会話力」
そして、そのために必要なのが「想像力」

解るかなぁ?
姫が、音にこだわる理由もここにある。



やはり、モータースポーツ観戦で、お手洗いをなめちゃいけません。
長蛇の列。
何人並んでいるかしら?
姫の永年のカンでは、待ち時間23分。
やはり、もったいないけど、セッション中に行った方がいいね。

お台場、非常に寒いです。
ホッカイロとホットワインが手放せません。
路面温度も低いでしょう。

ドリフトってどうやるの?
やってみたい。

D1

いいスモーク、いい音、いい匂い!



今日はお台場でD1GPです。
東京で見るコトができる唯一のモータースポーツ?
友達はもう現地に入ってます。
超寒そう。
姫も真冬用のダウンコート着て来ました。
5人分のお弁当も作り、準備OK!
楽しみ!



今日は、花やしきアクターズスタジオの生徒による朗読会に顔を出してきました。
今日の陽気で、桜もだいぶほころびました。
夜の仲見世通りの桜です。
大勢の外国人が見入ってました。
日本人として誇らしい気持ちになりました。

少子高齢化に歯止めをかけようとする、政策を見るたびに、
「あぁ、すみません」と、肩をすくめると供に、
「そんなコトじゃねぇんだよ」ど毒づく自分がいます。

40歳、未婚、子供なしの姫はあきらかに非国民です。

でも、どんなに子育て支援政策が充実しようとも、そういう問題じゃないんだよな。
解ってないなぁ、、、

姫が働いて納めた血税を他人のガキに使うなよ、と毒づいては、
「姫、そうじゃないんだよ」と仲の良い友人にさえ諭される日々です(^^;)

取り敢えず、自分が生きていくのに必死です。
自分の生活は自分で守らねば、と思っております。
政治に関して思うことは多々あります。
いいコトも、悪いコトも。
しかし、もの申す前に、まずは自分が自分を生きていかねば。




今日のday breakは八代亜紀さん。
軽くびっくり。
演歌満載のTFM・・・

渋谷のスクランブル交差店で拾いました。
懐かしい。
姫もこれと全く同じ、フェンダーのミディアム愛用してました。
20年くらい前のことです。

WODDYFUNKのライブ観て来ました。
そうる!そうる!そうる!
楽しかったー!
みんな◯◯◯上手そう!

桜の薫りのミルクティー。
結構美味しい。

でも、桜の薫りと苺味の薫り(苺じゃなくて苺味)の違いが解りません。


常々申し上げておりますが、苺チョコレートや苺牛乳などは、苺の味はしません。
苺味という、また別の味覚です。


深夜に自宅でひとりで花茶。
今夜はまだまだ仕事します。


姫が、Twitterにはまり始めて、2ヶ月足らず。
登録だけは、もっと以前にしていたけどね。

で、今日鈴鹿でSuperGTが開幕しまして、、、
@fmotorをフォーローしている姫の元に、@fmotorから、どんどん速報が流れて来るのです。
それは、コメントライブ。
最近の用語では@tsudaると言うのかしら?

で、アクセスするたびに、最新情報が超短いコメントで流れてくるこの感じ・・・
デジャヴ、、、Twitter以前に経験ある!

これって、、、Niftyのパソコン通信によく似てる。
もう、10年以上前。
当時、いくつかの会議室に参加していたけど、そのひとつがfmotor.
fmotorは本名じゃないと参加出来ないという決まりだった。

あの頃、モータースポーツの情報はfmotorが一番早かった。
そう、その頃モータースポーツを生放送するメディアがなかったんだもの。
(今は、スカパーなどがありますが)
サーキットからリアルタイムで送られて来る情報をこまめにアクセスしてゲットしてた。
舘君の訃報も、niftyでいち早く知った・・・

気が向けば、自ら発言したっていい。
レスしたっていい。
そして、Niftyを通して、たくさんの友達が出来た。

そのfmotorが、今@fmotorとして、Twitterにアカウントを持ち、
あの頃と同じように情報を提供してくれている。

ちなみに、モータースポーツの現場、日本のサーキットに於いて、
ネットメディアとし、始めて認められたのがこのNiftyのfmotor.

それまで、テレビ、雑誌、ラジオしかプレスパスは申請出来なかった。
ネットメディアとして、プレスパスを取得する為に、かなり努力したと聞いている。

なんか、自分がTwitterにはまった理由がよく解った気がした。
この10年、ホームページを作り、ブログをやり、mixiやgreeも楽しんでいるけど、
文字数制限のあるシンプルなメディアに心惹かれる自分の原点があるんだ。

最近は「パソコン通信」って言葉を知らないヒトも多いけど、
ある意味原点回帰している気がする。

もちろん、それを通したメディアの広がりって言えば、あの頃とは雲泥の違いだけど。

湯沢で買って来た野菜を漬け物にしました。



お仕事で、スキー場に来ています。
ゲレンデDJの女子大生のセンセイやってます。
出張大好き!
宿がそのまま、仕事先。
そう、女子大生と一緒に泊まってます。
美味しいご飯と美味しいお酒。

21:30に仕事が終わり、21:40から飲み始める。
明日は9:00から仕事だけど、通勤時間は30秒。

大変だけど楽しい仕事です。
女子大生を教えはじめて、既に10年。
1,000人以上、教えてます。





本日の収録を持って、じゅんぺー君が番組を卒業します。
じゅんぺー君は姫と同じ函館出身です。

じゅんぺー君のお芝居観たことないんだよなぁー。
次回の講演は、必ず行くぜ!
半年間お疲れさまでした。


昨日から、PCでインターネットを介してラジオを聴けるサービス、radiko.jpが始まりましたね。
姫も、朝起きて、すぐ文化放送の「邦丸ワイドごぜんさま~」をパソコンで聞きました。

実は我が家、AMの電波状況が非常によくないんです。
日中はTBS以外ほとんど聞こえない。
だから、自宅ではFMばかり聞いています。

クリアに「パソコン」でAM放送を聞いて、なんだか小中学生時代を思い出しました。

何故か、ラジオがすごく好きな子供でした。
姉の影響か、小学校5年生くらいから深夜放送を聞いていました。
オールナイト・ニッポンが大好きでね、特に中島みゆきさん!
コッキーポップとか、夜のドラマハウスとか、週末には南こうせつの「星の道草帰り道」

北海道のオホーツク海岸沿いの田舎町に住んでいました。
そんな北海道でも、ニッポン放送が深夜になると直接聞けるのです。
地元、STVよりもキレイに入りました。
キレイ、、、と言っても、もちろん雑音だらけ。
そんな雑音にまみれた放送を、毎日、毎日、ま~いにち、聞いていました。

尾崎豊が東海ラジオ(名古屋)で放送をやっていると知ると、一生懸命チューニング合わせました。
雑音の中、ぽつり、ぽつりと尾崎の声が聞こえたときは嬉しかった。

そして、好きだったのがNHK-FM.
特に、サウンド・ストリート、ニューサウンズ・スペシャル、クロスオーバー・イレブン。
クロスオーバー・イレブンの津嘉山正種さん、渋かったなぁ・・・

当時、FMはNHKしかなかった。
音楽が大好きだった姫は一生懸命、エアチェックしたものです。
いや、反対か。
ラジオが好きだったから、音楽が好きになったのかもしれません。

特に、高橋基子さんが司会のニューサウンズスペシャルは、
毎週一組のアーティストを招いて、おしゃべりしながらそのアーティストの曲のみオンエアするというもの。
つまり1時間(いや、多分本当は45分か50分)に、1アーティストの曲が4~5曲掛かるのです。
そう、レコードを買えるお小遣いが無かった、あの頃、
その番組を丸ごと録音してコレクションしてました。

2年前帰省した時、ふと思いついて倉庫を探したら、、、
当時のカセットテープが大量に出て来たので思わず、東京に持って来ました。

IMG_6807_20100316031226.jpg

25年以上前に録音したレアもの。
新婚当時の竹内まりやさんや、メリーアンがヒットする前のアルフィーがしゃべってます。

そして、サウンドストリート。
佐野元春と渋谷陽一に洋楽を教えてもらいました。
ホール&オーツもクイーンも、カルチャークラブもサンストに教えてもらったんです。

深夜放送がが聞きたくて、夜中まで勉強したものです。
そう、ラジオ聞きながら勉強するのが当たり前でした。

田舎だったので、高校時代は釧路で下宿生活を送っていました。
当日の下宿生は当然テレビなんて持ってません。
ニッポン放送「十朱幸代のいってらっしゃい」で、が流れると同時に部屋を出て学校に行きました。
アモーレの鐘が姫の時計代わりでした。

小学校、中学校と、放送委員会。
高校では何故か放送部。
うん、放送部にはなんか騙されるように偶然入部したんだけどね。

今も、毎日毎日ラジオを聴いています。
家ではもちろん、バスの中でも車の中でも。
ちゃりんこ移動のときも。

でも、ラジオに葉書を送ったことはほとんどありません。
いわゆる「聞くだけリスナー」
(まぁ、逆に最近はちょっと送るようになったけど)

今でも、音楽はラジオに教えてもらってます。
サンストみたいなコアなラジオ番組がもっとあったらいいのになぁ、と思いながら。

そして気が付けば、、、姫はラジオ・ディレクターになってました。
これは、本当に偶然たどり着いた職業なのです。

今日、こんなサイトを見つけました。

http://tfm.nanapi.jp/

近頃はラジオを聴く若いヒトが少ないとは、知っていたけど、こんなサイトが必要だなんて。
ある意味、かなりショックを受けました。
・契約が必要なの?
・周波数ってなに?

本当にそこまで説明しなくてはならないの・・・?

でも、最近は家にオーディオ機器がないってことも珍しくないそうです。
音楽はPCや携帯電話、iPod等のデジタルプレイヤーで聞くもの。
あぁ、だからデジタルプレイヤー用のスピーカーが沢山あるんだ。
そうだったんだ、、、

デジタルプレイヤーの容量がどんなに大きくなっても、限りがある。
でも、ラジオは限りが無いんだよ。
無限に音楽がつまっているんだよ。
しかも、タダで聞けるんだよ。
知らない曲が聴けるんだよ。
発売前の曲が聴けるんだよ。
知らなかった古い曲が聴けるんだよ。
その曲の解説までしてくれんんだよ。
ライブ情報も教えてくれるんだよ。
パーソナリティがその曲の熱い想いを語ってくれるんだよ。
音楽好きにとって、こんなに素晴らしいメディアはない。

あ、iPodnanoにラジオが付いたのはすごくいいね。

そして、、、
radiko.jpが始まった。
リスナー的立場で言えば、ありがたいし便利。
ううん、ラジオの制作で食べて行かなくてはならないビジネス人としても、
スポンサー獲得などのチャンスが増えるので、ありがたい。
メディアはどんどん形を変えて行く。
その新しい形を、受け入れ、自らの手で作り上げて行くのも楽しみ。
実際、ミニFM曲でネットを使ったストリーミングをやっていて、それの指揮を執っていつのは姫だ。

なのに、、、この淋しさはなんだろう?
一生懸命アンテナの向きを変えながら、尾崎の声を探し、
布団をかぶって中島みゆきを聞いていた、あの頃の自分が甦る。

今、ラジオ制作を教える立場になり、放送と通信の違い、
電波の意味、放送法、放送免許についてなども、カリキュラムに取り入れている。
ラジオ番組を持てるってことは、すごいことなんだ。

多分、今後姫の「教える仕事」としては、ネットと放送の違いを説明することが多くなるだろう。

思うところはいろいろある。
radiko.jpも反対ではない。
むしろ、賛成!

なのに、、、この淋しさはなんだろう?

でも、今日改めて気づいた。
ラジオが好き。
そして、このラジオ・ディレクターという仕事に就けて、本当によかった。
昨夜は、コットンクラブにマンハッタン・トランスファーを観に行って来ました。
このCMって、何年前かなぁ?



なんか、久々にサーカスのライブも観に行きたくなりました。


ジョージ・デュークとの2ショット!
柄にもなく、きんちょー!
もっと英語勉強しておくんだった!
もう、サイコーなファンキーナイトでした!



今日の夜、オシャレな
ライブハウスに行くので、春先取りのワンピースでキメてみました。
かわいいでしょ!
でも、靴がイマイチだなぁ。
春のパンプス欲しい。
色はもちろんピンクで!


はっちん(八反安未果)さんのブログに、姫の後ろ姿が映ってる・・・

http://ameblo.jp/hattan-amika/entry-10478914738.html

ち、もっとかわいいセーター着ておけばよかった。





20時過ぎてしまったので、軽くご飯でも食べて帰ろうと、近所の居酒屋風ラーメン屋。
ここ、変なお店で、カウンターしかないんだけど、とってもオシャレでお酒が豊富で、おつまみも豊富。
写真は鶏チャーシュー。
最後にラーメンで〆るのがよろしいようで。
昨夜、大学時代の軽音サークル仲間、4人で会いました。
音楽を仕事にしているヒト達の集まりってことで、
音楽ライターやら、大手ライブハウスのマネージャーやら、上海在住プロデューサーやら。

ほんと、何年ぶりの再会でしょう?
15年は会ってなかったヒトもいるなぁ、、、

学生時代に、一緒に軽音サークルで騒いでいたヒト達。
音楽が大好きだった。
みんな、どこかでミュージシャンになるのが夢だった。
そして、それぞれ卒業し、就職し、住む場所も職場も遠くなり、会う機会は減り、
付き合いがだんだん薄れて行く、、、
その中での突然の飲み会。

そして、その音楽をなんとか仕事にしている4人が集まった。
音楽を仕事に結びつけているのは、本当に喜び。
「音楽が大好き」その気持ちが強かったから、音楽が仕事にできた。
才能じゃない。
姫に関して言えば、ミュージシャンにはなれなかったけど、
音楽を紹介する、音楽を応援する仕事ができているし、冷静にこちらの方が自分に合っている。

この仲間と、一緒になにかできることはないだろうか?

昨日集まった場所は新宿のBrooklyn Parlor

BlueNote系列のおしゃれなお店。
ブルックリンビールが美味しい!

IMG_1692.jpg

ホワイトアスパラガスが美味しい!

IMG_1693.jpg

お店も気に入りましたので、また使わせて頂きます。



雪だよ、東京。ビックリ!
コートの腕に雪。

今日の、姫のツイートを、向谷実さんファンが見たら、ビックリすると思う。
オランダ談義(North Sea Jazz Festival)に花が咲き、ずっとチャット状態。
もう、死ぬほど光栄。
この数日間、自分では何もしていないのに、フォロワーがどんどん増えている。

Twitterは面白い。



http://twitter.com/rikahimesama
「雨の御堂筋」
「雨の西麻布」
「雨の銀座」

「雨の」の後に地名が付くとどうも演歌っぽいのですが、、、
まぁそれは、おいといて。

今日は秋ヶ瀬練習走行でした。
一日走るお金も体力もないので、午後から走行。
ひと通り準備を終えると、、、雨。
やっぱり雨。予想通り雨。
しかも雨足が早い。

あわてて、タイヤを替え、スプロケを替え、ノイズボックスを替え、、、
完全フルウエット仕様。
なんか、ここまでのフルウェットは、超久しぶりかも。
覚悟決めて下着の替えまで持って来ていたので、何も躊躇なし!
久々のフルウエットを、びしょ濡れになりながら楽しみました。

決して雨は得意ではありません(ドライもだけど)
でも、全然嫌いじゃないのよね。
雨の中を全開で、くるくるコースアウトしながら、走行するって、
究極の「非日常」なんだもの。

そう、カートの魅力のひとつが「非日常」
普段の生活では決して(もしかして生涯)出会えることのない世界がそこにあります。
この「非日常」に取り付かれて、姫はカートを続けているんだもの。

今年の目標はSL全国大会。
その日が雨でないとは限らない。
いや、今までの嬬恋の天気を考えると、雨の可能性も充分。

雨のレースは何があるか解らない。
でも、強いヤツがやっぱり雨を生き残る。

今期はどんな天気でも練習走行の予定日は必ず練習する。
雨に負けない、他人に負けない、自分に負けない、そしてめげない。

自分の走行を終えて、ちょっとだけコースの様子をUSTしました。
この頃は、もう雨があがっていたけど。
(だからこそ、iPhoneで撮影出来た)


一人暮らしの女性のナイトウェアを見れば、
カレシがいるかいないか解る。

「辛そうで辛くない少し辛いラー油」
オトコもそうだけど、はっきりしないのが一番嫌い。
決断力がないのも嫌い。

ちなみに、ラー油は自分で作っています。




店に戻って来て、なぜかみんなでカップメン。





久々にフルウェット走ってます。
雨合羽着てても、下着まで濡れる勢い。
しかし、これが、めちゃくちゃ面白い。
たまには雨もいいもんです。

さて、あと1スティント!
気合い入れて走りま~す!



今日は盛りだくさんの一日。
まずは、自宅兼オフィスでお仕事。
その後、六本木で試写会。
偶然、声優と放送作家の友人に会う。
その後、番組の搬入して、そのまま二時間ほどお仕事。

有楽町のガード下で軽くいっぱい。
ビール、モツ煮、たこわさ等。
で、コットンクラブの2ndでイエロージャケッツのライブ。

帰ってきたら、学生時代の先輩から飲み会のお誘いのメールが。
数年振りに会うコトになりそう。

充実した一日。
なんか、姫って幸せもの。