Radio And The Setagaya





音と音楽と街、私の仕事を紹介します


シリーズ名盤、今井美樹の次に紹介するのが、ジャニス・ジョプリンです。
いったい姫ってどんな音楽が趣味なんでしょうかねぇ?
自分でも解りません。
でも、自分で勝手に好きなジャンルを決めて、
食わず嫌いになるのって、もったいないと思いません?

今回は、ライナーノーツに助けて貰いながら(パクリながら?)書きます。

1970年10月10日。ハリウッドのホテルで謎の死をとげたジョプリン。
享年27歳。
あまりにも早すぎる死。
テキサス州生まれのジャニスの人生は<ドラッグ/セックス/ロックンロール>
そしてこの「Pearl」は71年リリース。
彼女の遺作となりました。

Pearl

Pearl

  • アーティスト: Janis Joplin
  • 出版社/メーカー: Sony Mid-Price
  • 発売日: 1999/08/31
  • メディア: CD

1. Move Over
2. Cry Baby
3. Woman Left Lonely
4. Half Moon
5. Buried Alive in the Blues
7. Me and Bobby McGee
8. Mercedes Benz
9. Trust Me
10. Get It While You Can

やはり、これは誰もが認める名盤です。
でも実は<Cheap Thrills>を選ぼうかと少し悩みました。
だって、最初に姫がジャニスに強い衝撃を受けたのは
JAZZのスタンダードナンバー<Summertime>だったから。
<Summertime>は実質ジャニスのデビューアルバムとなる
<Cheap Thrills>に収録されています。

高校時代、初めてジャニスを聴いたときの衝撃!
魂を引き裂くような、普通ではあり得ないボーカル。
酒と煙草と男とドラッグ。
Rock&Bluseには、それが不可欠のような気がした。
ドラッグなしでは、あんな歌い方なんて出来ないんじゃないだろうかと。
(ドラッグの事はよく解らないけど)
だから27歳で謎の変死をとげたのが、普通に納得できたのでした。
うぶな高校生の姫は、その世界に半ば憧れていたのも事実。
そして、ジャニスを思う時、同じように死んでしまったジミ・ヘンドリックスを思い出す。

さて、アルバムの方に話しを戻しましょう。
アルバムタイトル「Pearl」 は彼女の愛称。
1曲目、ドラムから始まる「Move Over」は彼女の代表作。
どこまでがメロ旋でどこからがフェイクかセリフか解らない歌い方。
2曲目「CryBaby」という叫びは、どこに向かって投げつけられているのだろう?
セリフのような歌い方も好き。
7曲目「Me and Bobby McGee」の元はカントリー。
でも、彼女が歌うとR&Bになる。
この曲は、オリビア・ニュートンジョンのバージョンで知っている人も多いのではないでしょうか?
8曲目「Mercedes Benz」が伴奏なしのアカペラなのは、レコーディング前のデモだかららしい。

とにかく、精魂込めて歌い上げた10曲。
あなたもジャニスの世界に浸って<ちょいワルお姉>の気分を味わって下さい(笑)

そして、もしあなたが本当にジャニス初心者なら、やはりベスト盤がお薦めです。

Janis Joplin's Greatest Hits

Janis Joplin's Greatest Hits

  • アーティスト: Janis Joplin
  • 出版社/メーカー: Sony International
  • 発売日: 1999/08/31
  • メディア: CD

1. Piece of My Heart
2. Summertime
3. Try (Just a Little Bit Harder)
4. Cry Baby
5. Me and Bobby McGee
6. Down on Me
7. Get It While You Can
8. Bye Bye Baby
9. Move Over
10. Ball and Chain

だって、summertimeが入っているんだもん。

歌にはその人の人生がにじみ出ます。
彼女は幸せな人生を生きたのでしょうか?

でも、その人生をブルースにかけたのは、間違いないような気がします。
シリーズ名盤Vol.5は、今井美樹です。
クラプトンとボズの後に、今井美樹かいっ!
と、突っ込まれそうですが、素晴らしいアルバムなんです。
このシリーズを始めたとき、今井美樹サウンドは絶対紹介するつもりでした。

で、紹介するのは1990年リリースの「ルトゥール」




ちょっとまったぁ。AMAZONさん、
なんで『No image』なんですかい?
こんな名アルバムを!

今井美樹のボーカルもさることながら、姫が脳天ぶち抜かれたのが、
キーボーディスト佐藤準氏のアレンジなのであ~る。

本当に、さわやかで気持ちのいいアレンジをしてくれる。
パーカッションが光っている。
音の洪水じゃない。どちらかと言えば、音数は少ない方だと思う。

そして、Musiciansの中に、ドラムやギターと同一レベルで
Synthesizer Programmingが刻まれるようになったのがこの頃だと思う。

その頃まで<打ち込み>といえば、♪テケテケテケテケ♪
Y.M.Oとか、TMネットワークでしょ?
なんて、思っていた人も多いのではないでしょうか?

違うんです。打込みって、テケテケじゃないんですよ。
生身の人間の演奏と解け合うことによって、素晴らしいサウンドを奏でる事が出来るんです。
シンセプログラマーはミュージシャンです。

なんで、軽いのにこんなにリズミカルなんだろう、と思えば、
きっと、佐藤準氏のシンセプログラマー含めたアレンジが上手かったのではないかと思う。
(生意気ですか?(^^;))

この、絶妙な打込みを(一部除く)、たっぷり味わえる計12曲。

1. ルトゥール
2. Sol y Sombra~ソル・イ・ソンブラ
3. カ・ケ・ヒ・キ・27
4. 雨にキッスの花束を
5. もっと もっと もっと
6. 幸せになりたい
7. 去年は,8月だった
8. 泣きたかった
9. 半袖
10. 冬のマーケット
11. 輝く星になって
12. 新しい街で

佐藤準さんのプロデューサーアルバムは他にもあるけど、
強いて1枚を選ぶなら、と言う事で、このルトゥール選びました。
歌詞も曲も全部好き。
「幸せになりたい」はアップテンポのリズミカルな曲だけど、
<離婚した友人が、東京に出て来て前向きに暮らし始める>と言う歌詞。
このポジティブ加減がいいじゃない。
これって、作詞作曲が上田知華さんなのよね。
あと、 KANも楽曲提供してる。

そうそう、ミュージシャン群がもう見事。
ドラムは山木秀夫さんに青山淳さん、ベースに美久月千春さん、ギターに今剛さんなど、
そうそうたるメンバー。
そして、シンセプログラミングは浦田恵司さん。
あり得ないくらい、一流ミュージシャンが集まったアルバム。

お解り頂けましたか?
シリーズ名盤に加えた理由が。

あまりにもこの今井美樹の世界が好きで、
その頃、自分でも作詞作曲に没頭していた姫は
『今井美樹でも聴きながら・・・』って、曲を作った事もあるくらいよ(笑)
(当時のサンレコマガジン、アマチュアテープTOP100にも入った<嬉)

その後、今井美樹のプロデューサーは布袋寅泰さんになります。
最初は布袋さんと今井美樹の組合せにびっくりしましたが、
ここは、布袋さんが、プロデューサーとして、
またまた今井美樹の魅力を引き出しています。
やはり、布袋さんはプロデューサーとしても、素晴らしい方なのでしょう。

だから、佐藤準さんから、布袋寅泰に変わっても、
相変わらずCDを買い続け、聴き続けています。

な~んにもしたくない日、デートの予定もない休日、
窓を開けてあくびしよう、今井美樹でも聴きながら、
一人きりを、楽しもう。
さて、最近マイ・ブームの<シリーズ名盤>Vol.4です。
誰が読んでくれているのだろうか・・・と思いつつも、ほとんど自己満足の域で書いてます。

そう言えば、学生時代なりたかった職業の1位がミュージシャン。
2位が音楽ライター。
だから、短大も<文芸科マスコミコース>で学んだはずが、
授業も出ず、バンド活動とバイトに追われ、出席日数ぎりぎりで卒業したのでした。
文章を書くって事が、基本的に好きなんでしょうね。

と、前置きが長くなりました。
今日、紹介するのはAORの巨匠です。

1976年リリースBoz ScagaasのSILK DEGREES

さて、最近マイ・ブームの<シリーズ名盤>Vol.4です。
誰が読んでくれているのだろうか・・・と思いつつも、ほとんど自己満足の域で書いてます。

そう言えば、学生時代なりたかった職業の1位がミュージシャン。
2位が音楽ライター。
だから、短大も<文芸科マスコミコース>で学んだはずが、
授業も出ず、バンド活動とバイトに追われ、出席日数ぎりぎりで卒業したのでした。
文章を書くって事が、基本的に好きなんでしょうね。

と、前置きが長くなりました。
今日、紹介するのはAORの巨匠です。

1976年リリースBoz ScagaasのSILK DEGREES



クラプトンとは違い、ボズ・スキャッグスを語るのは意外と簡単。
<AORのすごい人~!>で、済むのだから。
じゃ、そのAORって何よ?

ウィキペデリアによると『AORとは、Adult Oriented Rock(アダルト・オリエンテッド・ロック)、またはAlbum Oriented Rock(アルバム・オリエンテッド・ロック)の略であり、音楽のジャンルの一つ。日本では、前者の“大人向けのロック”の意味で使われる場合が多い。』だってさ。

大人向けロックね。
姫が思うに、ちょっとフュージョンっぽいのよね。
ギターなんて、カッティング&ソロ路線がフュージョンチック。

1. 何て言えばいいんだろう
2. ジョージア
3. ジャンプ・ストリート
4. あの娘に何をさせたいんだ
5. ハーバー・ライト
6. ロウダウン
7. すべては終わり
8. 明日に愛して
9. リド・シャッフル
10. ウィアー・オール・アローン

やはり、名盤と言われる曲が並んでる。

昨年、青山のブルーノートにボズのライブを見に行きました。、
Low DownやLIDO SHUFFLE なんて、今でも披露してくれたの。
それが嬉しくて。
本人も解ってるんだろうなぁ、ファンが何を求めているか。
ボズは絶対、ライブで生で見るべきですよ。
その雰囲気、テク、ボーカル、全てにクラクラしちゃう。

<Adult Oriented Rock>なので、自分のスタンスで肩の力を抜いて見ましょう。
総立ちで、大声だして、全身でリズムとって、シャウトして、そんなロックもステキだけど、
椅子にすわったまま見てもいいじゃない、
大人のロックを伝えてくれるボズはサイコー。

おそよ30年前のこのアルバム中で姫が特に好きなのは、
6. ロウダウン
9. リド・シャッフル
10. ウィアー・オール・アローン

リド・シャッフルの<プロフェット5>(シンセサイザー)のサウンドなんて素敵よ。

あ”、自慢出来る事ではないのですが、
70~80年代に掛けて使われている、シンセサイザーの音を聞き分ける事、得意なんです。
プロフェットだとか、MINIMOOGだとか、ローズとかシンクラビアとか。
その曲の中で使われたシンセの種類当てられるんです。
(カンペキではありませが、当社比80%)。

そして、このアルバムのラストチューンは、ボズの超代表曲になったラブバラード。
「We're All Alone」

いつかは、姫も言ってみたい。
「We're All Alone」と。
どんなに苦しくても、つらくても。2人でいれば大丈夫。
「We're All Alone」

あなたも、AORの世界、ボズの世界に浸って下さい。

クラプトンとは違い、ボズ・スキャッグスを語るのは意外と簡単。
<AORのすごい人~!>で、済むのだから。
じゃ、そのAORって何よ?

ウィキペデリアによると『AORとは、Adult Oriented Rock(アダルト・オリエンテッド・ロック)、またはAlbum Oriented Rock(アルバム・オリエンテッド・ロック)の略であり、音楽のジャンルの一つ。日本では、前者の“大人向けのロック”の意味で使われる場合が多い。』だってさ。

大人向けロックね。
姫が思うに、ちょっとフュージョンっぽいのよね。
ギターなんて、カッティング&ソロ路線がフュージョンチック。

1. 何て言えばいいんだろう
2. ジョージア
3. ジャンプ・ストリート
4. あの娘に何をさせたいんだ
5. ハーバー・ライト
6. ロウダウン
7. すべては終わり
8. 明日に愛して
9. リド・シャッフル
10. ウィアー・オール・アローン

やはり、名盤と言われる曲が並んでる。

昨年、青山のブルーノートにボズのライブを見に行きました。、
Low DownやLIDO SHUFFLE なんて、今でも披露してくれたの。
それが嬉しくて。
本人も解ってるんだろうなぁ、ファンが何を求めているか。
ボズは絶対、ライブで生で見るべきですよ。
その雰囲気、テク、ボーカル、全てにクラクラしちゃう。

<Adult Oriented Rock>なので、自分のスタンスで肩の力を抜いて見ましょう。
総立ちで、大声だして、全身でリズムとって、シャウトして、そんなロックもステキだけど、
椅子にすわったまま見てもいいじゃない、
大人のロックを伝えてくれるボズはサイコー。

おそよ30年前のこのアルバム中で姫が特に好きなのは、
6. ロウダウン
9. リド・シャッフル
10. ウィアー・オール・アローン

リド・シャッフルの<プロフェット5>(シンセサイザー)のサウンドなんて素敵よ。

あ”、自慢出来る事ではないのですが、
70~80年代に掛けて使われている、シンセサイザーの音を聞き分ける事、得意なんです。
プロフェットだとか、MINIMOOGだとか、ローズとかシンクラビアとか。
その曲の中で使われたシンセの種類当てられるんです。
(カンペキではありませが、当社比80%)。

そして、このアルバムのラストチューンは、ボズの超代表曲になったラブバラード。
「We're All Alone」

いつかは、姫も言ってみたい。
「We're All Alone」と。
どんなに苦しくても、つらくても。2人でいれば大丈夫。
「We're All Alone」

あなたも、AORの世界、ボズの世界に浸って下さい。
シリーズ名盤vol.3にして、ギターの神様「Eric Clapton』の登場です。
クラプトンは、いわずもがな名曲ぞろい。
クリーム時代「White Room」のようなロックもあれば、
「tears in heaven」や「Wonderful Tonight」等のアンプラグドもステキ。
本当に神様。

だから、私なんかが紹介するまでもないのだろうけど、やっぱり書きたい。
今回紹介するのは、数多いクラプトンの名盤の中でも名盤中の名盤。
Derec And The Dominosとして、1970年にリリースされた『LEYLA』



若い世代の人でも、このジャケットは見た事があるんではないだろうか?

1. アイ・ルックト・アウェイ
2. ベル・ボトム・ブルース
3. キープ・オン・グロウイング
4. だれも知らない
5. アイ・アム・ユアーズ
6. エニイデイ
7. ハイウェイへの関門
8. テル・ザ・トゥルース
9. 恋は悲しきもの
10. 愛の経験
11. リトル・ウィング
12. イッツ・トゥー・レイト
13. いとしのレイラ
14. 庭の木

1曲目「 アイ・ルックト・アウェイ」では、クラプトンの穏やかなギターから始まり、
どれが主旋律か解らないくらい、ボーカルとギターとオルガンが絡み合う。
「ベル・ボトム・ブルース」を聴いて、ブルースとは何かを知った気がする。
「リトル・ウイング」も大好き。
あぁ、全部書いていたらキリがありません。
ただ、ひとつひとつの楽器の音がきちんと主張し、耳に届く。
そのくせ、うるさくない。
ギターを弾くだけではない、歌うだけではない、バンド音楽とはこういうモノだって教えてくれた。

タイトルチューン「LAYLA」について語りだしたら止まらない人は、世界中にたくさんいるでしょう。
もちろん姫もそのひとり。
説明するまでもないあの「イントロ」で脳天をガツーンと打たれた感じ。
3′10"を過ぎたあたりで、ピアノの旋律が始まり曲調ががらりと変わるでしょ?
そこからの、サウンドのなんて美しい事。
7分にも及ぶ超大作とも言えるLAYLAは、まるでクラプトン生き様を表すかのよう。

親日家でもあるクラプトンはもう18回も日本公演を行っています。
実は、昨年12月、始めて武道館のクラプトンのコンサートに行きました。
なんで、今まで行かなかったんだろう。
トリプルギターが見事だった。

ちなみに、姫が仲良くさせてもらっている50歳を超えるディレクターの大先輩は、
18回中、15回もクラプトンを見に行ったそうです。
何度見ても、いいそうです。
そんなコアなファンを大勢持つクラプトンって、やっぱりすごくない?

あぁ、本当は姫がクラプトンを語るなんて恐れ多いのだけど、
やっぱり、クラプトンに関しては一度は書きたかった。
でしゃばってすみません。

でも最後にもう一度。
名盤は名盤。いいものはいい。
クラプトン様、サイコー!
何となく眠れないので缶チューハイ飲みながら書きます。
名盤とは、「ベスト盤とか、曲そのものではなく、
そのアーティストを象徴するような名曲がつまったアルバム」と、Vol.1で書きました。

なのにVol.2で紹介するのは「ベスト盤」(^^;)
だって、このアルバムを手に入れた時、それがベストアルバムだって知らなかったんだもの。
今回取り上げるのは『No Damage/佐野元春』



1983年4月リリース作品。

80年代は小林克也の『ベストヒットUSA』が流行っていた時代。
ラジオのチューニングを回すと、ゴキゲンな洋楽が流れてきました。
そんな中、洋楽っぽいテイストで「ナイアガラ・トライアングル2」から飛び出して、
一気にメジャーになったのが『佐野元春』

ロックでもなく、フォークでもない。
J-POPという言葉の方がぴったりくる気がするけど、それともちょっと違う。
「80年代サウンド」っていうのが、何故か一番しっくりする気がする。
80年代を代表する日本のトップアーティスト。

そして、もちろん収録曲は、名曲ぞろい、粒ぞろい。

1. スターダスト・キッズ
2. ガラスのジェネレーション
3. サムデイ
4. モリスンは朝,空港で
5. イッツ・オールライト
6. ハッピー・マン
7. グッドバイからはじめよう 〈ガールズ・ライフ・サイド〉~14のありふれたチャイム達

8. アンジェリーナ
9. ソー・ヤング
10. シュガータイム
11. 彼女はデリケート
12. こんな素敵な日には(オン・ザ・スペシャル・デイ)
13. 情けない週末
14. バイ・バイ・ハンディ・ラヴ

1曲目から軽快なスターダスト・キッズ
2曲目 ♪ガラスのジェネレーション~、さよならレボルーション♪
彼はだじゃれとか、韻を踏むのが好きなようね(笑)
ちょっと、舌を巻いたような歌い方は、NYの香りがした。

7曲目の最後「グッドバイからはじめよう」を聴いたら、
少し1.2分時間を空けて8曲目のアンジェリーナを聴きましょう。

この時代はレコード時代。
A面からB面に裏返す時間を計算されて並べられた選曲。
この曲順も絶妙だと思うの。計算し尽くされている。

B面ももちろん、粒ぞろい。
「こんな素敵な日には」は、今の季節にぴったり。

当時、佐野元春がDJをやっていたラジオNHK-FMの「サウンド・ストリート」も良く聴いた。
ホール&オーツをはじめ、元春に洋楽をいっぱい教えてもらった。

80年代に、中学、高校時代を過ごした自分は幸せだと思う。
ラジカセの前でエア・チェックをしまくっていたあの頃。
佐野元春は、間違いなく80年代サウンドを象徴するアーティスト。

日本の80年代サウンドを知りたかったら、是非この一枚を。