Radio And The Setagaya





音と音楽と街、私の仕事を紹介します

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_6807.jpg

新潮劇院の京劇、ボクケイエイ見てきました。
写真は張春祥さん。
メイク落とすと、イケメンです。
スポンサーサイト
10月に観た映画「キャデラック・レコード」のコトを全く書いていなかった。
この映画の存在を知らないヒトが多いようなので、改めて紹介させて頂きます。
2010年1月27日にはDVDも発売されるそうです。

1950年代~1970年代までシカゴに実在した名門のソウル、ブルース、ジャズのレコード会社「チェス・レコード」をモデルにした映画。

この時代、車「キャデラック」は成功の象徴だった。

1949年まで、黒人音楽は「レイス(Race)・ミュージック(レコード)」と呼ばれていた。
「レイス」とは直訳で「人種」黒人を指す若干蔑んだ言い方。
この時代、黒人音楽を聴くのは黒人と限定されていた・・・
その黒人音楽を専門に扱う小さなレコード会社「チェス・レコード」が、
白人のレナード・チェスの手により、1950年に設立されるところから物語は始まる・・・。

マディ・ウォーターズ、リトル・ウォルター、ウィリー・ディクソン、
チャック・ベリー、エタ・ジェイムスといった沢山のアーティストがこの映画を彩る。
これらのアーティストが後世に与えた影響は計り知れない。

では、予告編Movieをどうぞ!



http://bd-dvd.sonypictures.jp/cadillac-record/

エタ・ジェイムスを演じるのは、今年グラミー賞にノミネートしまくっているビヨンセ・ノウルズ。
圧倒的な歌唱力。
今、最も勢いのあるシンガーのひとりではないだろうか?
エタを演じるなんてものすごいプレッシャーだろうに。

ビヨンセといえば、やはり黒人レコード会社モータウンを舞台にした映画
ドリーム・ガールズ」を思い出す。

アメリカの黒人音楽、、、ブルーズを知るなら、やはりこのふたつの映画と、
レイ・チャールズを描いた「Ray

今年1月のオバマ大統領就任式にビヨンセやスティーヴィーなど、
ブラックミュージシャン達がその就任を祝った。
チェスレコードの設立からおよそ60年。
時代は、変わったのだろうか、、、
そんなワケで、パイレーツロック見て来ました。
まずは、予告編Movieをどうぞ!



1966年、イギリス沖に実在した海賊ラジオ局を題材にした映画。
当時のイギリスラジオ局は、国営放送BBCラジオのみ。
そのBBCが1日に流すポップ・ミュージックは法規制によってわずか45分だけ。

1966年のイギリスと言えば、、、
そう、ビートルズやローリングストーンズが人気を誇っていた時代!
当然、45分で満足出来るワケないのです。

そこで、法律が適用されない領域外に停泊した船から電波を飛ばして放送する海賊ラジオ局が誕生し、不動の人気を誇るワケです。
「海の上の海賊ラジオ局」が実在していたコトを、お恥ずかしながら姫は知りませんでした。
当時、イギリスの人口の半分以上におよぶ2500万人がリスナーだったというから、驚きです。
海の上のラジオ局、、、DJ達は、船の中で共同生活を送るワケです。
まるで、マグロ漁船の漁師のよう!
映画の中では、当然美女達が船に訪れ、
ルックスはよくもないのに、ラジオだからこそ人気者のDJがモテまくる。
どこまでが脚色かは定かではありませんが、充分あり得る話でしょう。

でも、あくまでも法をすり抜けた海賊ラジオ局。
当然、政府と戦うコトになります。
これもまた、事実。

映画の中で「1日24時間 死ぬまで放送するぜ」
って、セリフに思わず鳥肌。
ナイスミュージックをONAIRし続ける海賊局に、スポンサーがついていたのも驚き。
そう、これが本来の姿だよなぁ、、、

もちろん、映画の脚色はありますが、是非観て頂きたい映画です。
60年代のラジオの影響力ってすごい!
ラジオが素晴らしいメディアだってことを、再認識する為にも、是非劇場に足を運んで下さい。
http://www.pirates-rock.jp/

姫の主観で言えば、、、これがラジオ局の原点!
20091112161125
映画、This is it 観てきました。
朝9時から(早っ)
この映画は観るべきです。
絶対観るべきです。
DVDになるのを待ってちゃダメ。
映画館で他の方と一緒に観るべきです。
大音量で観るべきです。
PV状態で。

姫は、マイケルについてもう語りません。
語る必要なんてありません。
この映画を観るだけで充分です。
好きとか嫌いとか、もういいから。
本当にキング、ただそれだけ。

マイケルが世界中のダンサーやミュージシャンに、どれだけの影響を与え続けてきたのでしよう。

2009年ロンドン公演が実現しなかったのが、本当に残念。

とにかく、何も言わず、黙ってこの映画を観て下さい。
ありがとう、マイケル。
この、強烈なタイトルの映画。
今週末から公開ですが、姫はひと足早く観ました。
試写会ではありません。

オランダに行く飛行機の中で。

いいでしょ。
で、日本では8月に入ってからの公開。
ちょっとだけ、得した気分。



あえて、この映画の不満を言えば・・・
男性陣がカッコよくない!

あんなカレなら、姫なら捨てちゃうね~!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。