Radio And The Setagaya





音と音楽と街、私の仕事を紹介します

酒井順子さんの「ユーミンの罪」読了!
ユーミンのデビューアルバムからその楽曲たちを時代背景と共に「読む」とう内容。

1966年生まれの酒井順子さんは、もろユーミン世代だと思います。
私的偏見で言うと、ユーミン世代とは、ユーミンと同年代で彼女の曲を聞き、
彼女の音楽と同じように生きた世代ではなく、ユーミンの音楽、ユーミンの世界観に憧れた世代だと思うのです。

恋人とのスキーに行ったのも、山手のドルフィンでソーダー水を飲んだもの、
逗子でサーフィンをしたのも、ユーミンの曲から数年遅れ。

例えば「ロッヂで待つクリスマス」は1978年に発売された「流線形80'S」に収録されているんだけど、
本当に恋人とスキーに行ったのはそれからずいぶんたった80年代後半。
そういう「ズレ」があるのがユーミン世代。
つまり、ユーミンをいつもいつも追いかけていたのです。

酒井さんの分析によると、ユーミンの歌に出てくる女性は、助手席系、連れてって女。
「中央フリーウェイ」がその代表例かな。

ユーミンといえば、年齢に関係なくかっこよくて、稼いでいて、ずっと働いているから、
「自立した女」と思いきや、彼女はずっと「助手席人生」。
そう、松任谷正隆さんという名プロデューサーの助手席で窓の外に向かって手を降っている。
でも、ものすごくナビゲートが上手いんだろうな、と思う。

私は「男なんていなくても行きていけるわ」とか「女性ならではのビジネスを!」とか
「働く女性に理解を」などと、声高々に叫ぶのが苦手。

出来るならば、助手席で同じ方向を見つめて走って行きたい。
もしも貴方が疲れたなら、時々運転を変わってあげるわ。
そのぐらい関係がいい。

酒井順子さんと言えば「負け犬の遠吠え」
(解らない方はググって下さい)
この本の出版は2003年なので、もう10年以上前になるのね。
酒井さんには是非、「負け犬のその後」という本を書いて欲しいと心から思うわ。




さくら、ルレーつばめ、九州新幹線車内、オンラインショップ
http://item.rakuten.co.jp/jrk-shoji/10002271/
にて、好評発売中!
昨夜は、コットンクラブにマンハッタン・トランスファーを観に行って来ました。
このCMって、何年前かなぁ?



なんか、久々にサーカスのライブも観に行きたくなりました。
昨夜、大学時代の軽音サークル仲間、4人で会いました。
音楽を仕事にしているヒト達の集まりってことで、
音楽ライターやら、大手ライブハウスのマネージャーやら、上海在住プロデューサーやら。

ほんと、何年ぶりの再会でしょう?
15年は会ってなかったヒトもいるなぁ、、、

学生時代に、一緒に軽音サークルで騒いでいたヒト達。
音楽が大好きだった。
みんな、どこかでミュージシャンになるのが夢だった。
そして、それぞれ卒業し、就職し、住む場所も職場も遠くなり、会う機会は減り、
付き合いがだんだん薄れて行く、、、
その中での突然の飲み会。

そして、その音楽をなんとか仕事にしている4人が集まった。
音楽を仕事に結びつけているのは、本当に喜び。
「音楽が大好き」その気持ちが強かったから、音楽が仕事にできた。
才能じゃない。
姫に関して言えば、ミュージシャンにはなれなかったけど、
音楽を紹介する、音楽を応援する仕事ができているし、冷静にこちらの方が自分に合っている。

この仲間と、一緒になにかできることはないだろうか?

昨日集まった場所は新宿のBrooklyn Parlor

BlueNote系列のおしゃれなお店。
ブルックリンビールが美味しい!

IMG_1692.jpg

ホワイトアスパラガスが美味しい!

IMG_1693.jpg

お店も気に入りましたので、また使わせて頂きます。